女性ホルモン OC-35 21錠 1箱
商品マップ OC-35 21錠 1箱

OC-35 21錠 1箱

OC-35 21錠 1箱

OC-35 21錠 1箱

ドイツのHelm Pharma社で製造されている、体格が小さなアジア人にも適した低用量ピルです。
避妊効果だけでなく男性ホルモンの影響を抑え、ニキビや抜け毛の防止にも効果的です。

Helm Pharma 社製
タイより出荷

価格:¥1,642
5%割引 → ¥1,559 (送料無料)
数量: 個 

セットもお得!

10箱(210錠) 価格10,825 → 5%割引 ¥10,283

OC-35 21錠 1箱について

OC-35には女性ホルモン剤のローラ35や低用量ピル剤のダイアン35と同成分の、シプロテロン酢酸エステルとエチニルエストラジオールが配合されています。
シプロテロン酢酸エステルは女性の体にも存在している、男性ホルモンのアンドロゲンの影響を抑えるプロゲストゲンです。
プロゲストゲンとは、体内でプロゲステロンと同様の作用を持つ人工的に合成されたホルモン製剤のことです。
実は女性はエストロゲンとプロゲステロンという、2種類の女性ホルモンを分泌しています。
生理直後からエストロゲンが徐々に増え、その後エストロゲンが減少し排卵が始まります。
この時に排卵の前から少しずつ増加したプロゲステロンは、排卵後にエストロゲンと共にさらに増加します。
そして再び生理の前にはエストロゲンとプロゲステロンの両方の分泌量は減少します。このように女性はおよそ28日間でこの月経周期を繰り返します。
この月経周期に従ってこの2種類のホルモンが、変化することがホルモンバランスです。
一方のエチニルエストラジオールはエストロゲンと呼ばれている卵胞ホルモン剤のひとつです 。エチニルエストラジオールにも シプロテロン酢酸エステルと同様にアンドロゲンの働きを抑える働きがあります。
さらにOC-35を3〜4ヶ月間ほど服用するとニキビが改善されたり、抜け毛が治まったりすることが報告されています。
出産後の女性に見られる、多毛症にも効果的です。

効果・効能

避妊だけでなく、ニキビの改善や多毛症の治療にも効果的です 。

ご使用方法

通常は1日に1錠を服用しますが、ホルモン補充療法として使用する場合には、必ず医師の指示に従い服用量や用法などを守って下さい。
またその場合には医師の定期検診を受け、症状によって服用量をコントロールする必要があります。

副作用

OC-35を服用すると一般的なすべての避妊ピルと同様に、服用を始めた最初の1〜3ヶ月の間は、少量の不正出血・膣分泌物過多・乳房のはれや痛み・頭痛・倦怠感・吐き気・嘔吐・頭痛・下痢・腹痛・発疹・浮腫・黄疸・視力障害などの症状が副作用として現れる場合があります。
ただこれらの症状はだいたい3ヶ月を過ぎると体がOC-35に対応し、自然と治まります。もし3ヶ月を過ぎてもこれらの症状が続くようであれば、服用を止め、医師に相談されて下さい。
これらの症状の他にも生理の周期が通常より早くなったり、遅くなったりする場合もあります。

ご使用上の注意

OC-35を一般的な避妊ピルとして服用する他に、ホルモン補充剤として使用する際には必ず医師が指示した服用量や用法を守るようにして下さい。
また妊娠中や妊娠の可能性がある方や、授乳中の女性は服用できません。
手術を行い長時間安静の方や血栓性静脈炎・肺塞栓症・甲状腺・乳がん・子宮がんの方も、服用できないので注意が必要です。
また35歳以上の方で、1日に15本以上のタバコを吸う喫煙者も服用を控えて下さい。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。