ホルモン製剤 クロミド50mg 30錠
商品マップ クロミド50mg 30錠

クロミド50mg 30錠

クロミド50mg 30錠

クロミド50mg 30錠

女性ホルモンのスムーズな分泌を促し、排卵が起こりやすくするように働きます。
排卵誘発剤の中では最も弱く、他と比べて副作用が少ないため不妊症の治療に広く使用されています。

AVENTIS 社製
タイより出荷

価格:¥12,736
5%割引 → ¥12,099 (送料無料)
在庫切れ

クロミドについて

卵巣機能が不調でスムーズに排卵しにくいことが原因の不妊症の治療として、排卵が起こりやすくするように働きます。
排卵誘発剤の中では最も弱い薬ですので、排卵がない場合はまず最初にこの薬が試みられます。
排卵は、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンによって引き起こされます。
この2種類のホルモンが分泌するように信号を送るのは
間脳視床下部で生成される性腺刺激ホルモンなのですが、これが十分に分泌されないと排卵がおこらない状態になります。
排卵誘発剤には卵巣に働くタイプと間脳視床下部に働くタイプがあり、本品は後者です。排卵率の高さだけでなく、極端に激しい副作用が起こりにくいので
代表的な排卵誘発剤として広く使用されているため、副作用が起きた場合でも医師による薬の量のコントロールなどである程度対処できるノウハウがあります。
本品は弱い薬ですが、それでも自然な状態よりも過剰に卵巣を刺激することになりますので、多胎妊娠(双子、三つ子など)の確立は通常よりも高くなります。
また、長期間使用すると頚頭粘液の減少や子宮内膜の薄化が起こり、受精しても受精卵が着床しにくくなりますので、他の治療法への移行など医師の指示に従ってご使用ください。

効果・効能

排卵障害による不妊症の排卵誘発

ご使用方法

●治療前には必ずGestagen/EstrogenTestを行って、消退性出血の出現と子宮性無月経ではないことを確認してください。
●基礎体温を毎日測ってください。
●消退性出血または月経開始を1日目として服用を開始してください。
●通常の使用方法は、1日1錠を5日間です。
●通常使用で効果が見られなかった場合の使用は、1日2錠を5日間です。
●飲み忘れに気づいたらそのときすぐに服用するか、次の服用時間が近い場合   は1回とばしてください。1度に2回分の使用は厳禁です。
●万が一、誤って多く飲んだ場合は医師に相談してください。
●本品は要指示薬です。医師の指示なしに自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用

卵巣異常、下腹部痛、呼吸困難、発疹、吐き気、嘔吐、顔面潮紅、頭痛、ほてり、 口の渇き、焦燥感、倦怠感、疲労感、目のかすみなど

ご使用上の注意

●以下に該当する方は、使用しないでください。
 ・子宮内膜癌、乳がん、エスロゲン依存性悪性腫瘍とその恐れがある方
・卵巣、肝臓に関わる病気がある方
・甲状腺機能または副腎機能の異常による無排卵の方
・下垂体腫瘍や頭蓋内に病変がある方
・無排卵症以外の不妊症、子宮性無月経の方
 ・妊娠中、授乳中の方
 ・市販薬も含めて他の薬を使用中の方
●副作用で目がかすむことがあります。自動車の運転や高所、危険をともなう機械の操作は避けてください。
●副作用の症状が起きた場合は直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。
●用量・期間は1日2錠(100mg)5日間を限度とします。
●治療終了後に薬が残った場合、保管はせずに廃棄してください。
●高温多湿・直射日光を避けて室温で保管してください。
●お子様の手の届かないところで保管してください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。