その他 プレタール錠 50mg 100錠
商品マップ プレタール錠 50mg 100錠

プレタール錠 50mg 100錠

プレタール錠 50mg 100錠

プレタール錠 50mg 100錠

有効成分のシロスタゾールに、血小板のセロトニン放出を抑制する働きがある血小板凝集抑制剤です。
潰瘍・疼痛・冷感などの治療の他にも、心原性脳梗塞いがいの脳梗塞の再発抑制に効果的です。

タイより出荷

[有効成分]
シロスタゾール

価格:¥9,988
5%割引 → ¥9,488 (送料無料)
数量: 個 

プレタール錠について

脳梗塞とは脳の血管内の血液が固まる脳卒中のことで、有効成分のシロスタゾールが血小板の働きを抑えて血液が固まるのを防ぎます。
血管内で血液が固まり血流を止めてしまう血栓は脳梗塞の他にも心筋梗塞がありますが、プレタールは心原性による脳梗塞以外の脳梗塞の再発予防に用いられています。
血栓は血管が詰まってしまうので、脳や心臓などの組織が機能を失ってしまいます。
特にプレタールは脳の動脈がコレステロールなどが原因で起きるアテローム血栓性梗塞や、頚動脈の硬化が原因で起きる一過性脳虚血発作に有効です。
その他にも潰瘍や手足の痛みや、慢性動脈閉塞症が原因で起きる手足の冷えやしびれにも有効です。
これはシロスタゾールに血管を拡張する働きがあるからです。
歩いている時に間欠的な痛みを感じる、間欠跛行には特に効果的です。
ただしシロスタゾールは心原性脳梗塞や、心筋梗塞に対しては効果を発揮しません。
約1000人の脳梗塞患者を対象にした臨床試験でも、500人はプレタールを飲んだところ脳梗塞を再発したのは30人だけでした。
だがプレタールを飲まなかった500人のうち、56人が脳梗塞を再発しました。
これはプレタールが血小板のセロトニン放出を抑制したり血管平滑筋のホスホジエステラーゼの活性化を阻害することで、トロンボキサンA2による抗血小板凝集を抑える作用や血管を拡張する作用があるからです。
血栓症に有効な血小板凝集抑制剤です。

効果・効能

・心原性脳梗塞を除く脳梗塞の再発予防
・慢性動脈閉塞症が原因で起きる潰瘍や手足の痛み・冷え・しびれに有効です。

ご使用方法

・成人の場合は通常1日に2回、1回に1錠(主成分として100mg)を服用してください。
・ただし医師の指示に従って、年齢や症状によって服用する分量を適宜増減してください。
・もし飲み忘れた時には、気がついた時点で1回分を服用してください。
・何時も服用する時間帯が近い場合には、次の服用する時間に1回分を服用してください。
※2回分を1回で服用しないようにしてください。
・グレープフルーツジュースと併用して、服用するのは避けてください。
※グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、藥の作用が強くなる可能性があります。

副作用

軽度の副作用としては
・歯ぐき・鼻血・皮下出血・血尿などの出血
・めまい・頭痛・頭重感・発疹・蕁麻疹・動悸・頻脈・ほてり・心房細動・不眠・肩こり・腹痛・吐き気・嘔吐・胸やけ・貧血・発汗・脱力感 極めて稀に重い副作用としては
・頭蓋内出血・消化管出血・肺出血・脳出血・眼底出血などの出血
・うっ血性心不全・心筋梗塞・狭心症などの胸の痛み
・間質性肺炎・肝機能障害・急性腎不全などの初期症状

ご使用上の注意

・妊娠している方は服用を避けてください。
・妊娠の可能性がある方は医師にご相談ください。
・持病やアレルギーのある方も医師にご相談ください。
・服用している薬がある場合は、その旨を医師にお伝えください。
・服用上の注意事項や副作用について、医師から十分に説明を受けてください。
・出血が止まりにくくなることがあるので、手術や抜歯の予定がある方はその旨を医師にお伝えください。
・毛細血管脆弱症・血友病・消化管出血・尿路出血・喀血・眼底出血・頭蓋内出血など出血しやすい方は服用を避けてください。
・特にうっ血性心不全のある方は、服用できませんので注意してください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。