その他 カデュエット10mg/20mg 28錠
商品マップ カデュエット10mg/20mg 28錠

カデュエット10mg/20mg 28錠

カデュエット10mg/20mg 28錠

カデュエット10mg/20mg 28錠

降圧薬のノルバスクと高脂血症治療薬のリピトールが、1錠になった世界でも初めての異なる疾患に対応した配合剤です。
2004年にFDAで承認され、今では世界60ヵ国以上で使われています。

Pfizer 社製
タイより出荷

[有効成分]
アムロジピン・アトルバスタチン

価格:¥12,113
5%割引 → ¥11,507 (送料無料)
数量: 個 

カデュエット10mg/20mgについて

ノルバスクは有効成分としてアムロジピンが配合された、高血圧と狭心症の治療薬として世界中で用いられている降圧薬です。
アムロジピンはカルシウム拮抗薬のひとつで、末梢血管や冠血管の平滑筋を緩ませることにより血圧を下げる作用があります。
カルシウム拮抗剤とは心筋や冠動脈を収縮させるカルシウムの作用を抑えて、心筋の緊張を和らげたり冠動脈の内腔を拡大させる働きがある薬のことです。
心筋や冠動脈の血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上がります。
高血圧と狭心症の治療薬としてアムロジピンが広く使用されているのは顔面紅潮・頭痛・心拍数の上昇などの副作用が少ないことと、効果が持続するため1日に1回の服用でよい点です。
またはリピトールは有効成分として、アトルバスタチンが配合された高脂血症の治療薬です。
高脂血症とは血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が蓄積され、血液中に溜まっていく病気のことです。
私たちの血液中にはコレステロール・中性脂肪・リン脂質・遊離脂肪酸の4つの種類の脂質が流れていて、高脂血症になると血管の内側に脂質が溜まり血管を狭くして血液の流れを悪くして動脈硬化を引き起こします。
高脂血症も動脈硬化も自覚症状はありません。
しかしそのままに放置すれば血栓がつまって、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす厄介な病気です。
カデュエットは1錠で高血圧症と高脂血症の、異なる疾患に対応した画期的な薬です。

効果・効能

・血圧を下げ、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。
・高血圧症と高脂血症の、異なる2つの疾患に対応した配合剤です。

ご使用方法

■高血圧の方の場合
1日に1回、1回に2.5mg〜5mgを服用します。
もし効果が十分ない場合には、 1日に1回、1回に10mgまで増量することができます。

■狭心症の方の場合
1日に1回、1回に5mgを服用します。

■高脂血症の方の場合
1日に1回、1回に10mgを服用します。もし重症の高脂血症の場合は1日に20mgまで増量することができます。

■家族性高脂血症の方の場合
1日に1回、1回に10mgを服用します。もし重症の家族性高脂血症の場合は1日に40mgまで増量することができます。

副作用

重い副作用はほとんどありません。主な副作用として多いのは顔のほてり・潮紅・頭痛・動悸・めまいなどですが、通常は服用している内に徐々に慣れてきます。
ただ症状がひどい場合や胸が痛んだり脈が異常に遅くなる場合には、すぐに使用を止めて医師の診察を受けてください。
また極めて稀にですが副作用として、肝障害や血液障害も報告されています。

ご使用上の注意

・必ず定められた用法や用量を守るようにしてください。 
・ほかの降圧薬や利尿薬と併用される場合は、血圧が下がり過ぎる可能性があるので十分に注意してください。
・アルコールを同時に飲むと、めまいや動悸などの副作用を強めます。
・グレープフルーツジュースを同時に飲むと、薬の血中濃度が上昇する可能性があります。
・持病やアレルギーのある方や妊娠している女性の方は、使用される前に医師にご相談ください。
・処方された薬を服用されている方も、使用される前に医師にご相談ください。
・重い肝臓病の方・重い腎臓病の方・高齢の方の場合は、副作用がでやすいので十分に注意してください。
・血圧が下がりめまいを起こすことがあるので、自動車の運転や高所での作業などには十分に注意してください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。