抗菌薬 ファシジン 500mg 20錠
商品マップ ファシジン 500mg 20錠

ファシジン 500mg 20錠

ファシジン 500mg 20錠

ファシジン 500mg 20錠

トリコモナス膣炎の原因となるトリコモナス原虫の増殖を抑制し殺虫する抗原虫薬。
原因を取り除くことで、症状を改善し、膣炎を治療します。

Pfizer 社製
タイより出荷

[有効成分]
Tinidazole(チニダゾール)

価格:¥4,980
5%割引 → ¥4,731 (送料無料)
在庫切れ

ファシジン 500mgについて

ファシジン500?は、トリコモナス膣炎の治療薬です。
トリコモナス膣炎とは、トリコモナス原虫が引き起こす炎症で、女性の尿道や膣、子宮頸部の粘膜部に感染、増殖します。
炎症にともなう自覚症状には、臭いの強いおりものや、女性器の掻痒感、痛み、灼熱感などがあります。
この疾患は、男性が感染した場合、稀に男性器のかゆみや、排尿時痛を感じる人がいますが、ほとんどの場合は無症状です。
そのため、トリコモナス原虫による感染があることを知らない男性を介して女性に感染することがあり、一般的に「性行為感染症」のひとつと言われています。
しかし、必ずしも性行為のみで感染するわけではなく、下着やタオル、シーツ類、トイレの便座などを介して感染することもあります。
いずれにしても、もっとも確実な治療は、原因となる原虫を殺虫することです。
ファシジンは、有効成分・チニダゾールが、トリコモナス原虫のDNAを断つことで、原虫の増殖を抑え、殺菌する薬です。
原因を取り除くことで、膣炎を治療し、不快な症状を改善します。

効果・効能

トリコモナス原虫による感染症の治療

ご使用方法

この薬には以下のような服用の仕方があります。
■ファシジン(チニダゾール)2000?を1回経口投与する。 
■1日2回 1回ファシジン(チニダゾール)200ミリグラムを7日間継続して内服する。
*投与方法は、医師の指示に従ってください。 
*再感染した場合、前回のファシジン投薬終了時より1週間以上間隔を空けてから再投与してください。

副作用

・副作用はあまりありませんが、食欲不振や胃部不快、吐き気などを感じる方があります。
症状が気になる時は服用を中止し、医師にご相談ください。 
・痙攣発作を誘発することがありますので、もともと痙攣を起こしやすい方は投薬にあたり注意が必要です。 
・本薬服用により、尿が暗赤色になることがあります。

ご使用上の注意

■以下の方は投薬にあたり注意が必要です。 
・血液疾患のある方。 
・痙攣を起こしやすい方  
・妊娠中の方  

■この薬を服用中にアルコールを摂取すると、酔いがひどく、吐き気、頭痛、腹痛などの症状を引き起こす恐れがあります。
投薬中と、投薬後3日間ほどは、アルコールの摂取を避けてください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。