塗り薬 キシロカインゼリー 2% (30g)
商品マップ キシロカインゼリー 2% (30g)

キシロカインゼリー 2% (30g)

キシロカインゼリー 2% (30g)

キシロカインゼリー 2% (30g)

神経を一時的に麻痺させて痛みを麻痺させる、ゼリータイプの表面麻酔薬です。
色々な部位に使え作用が強く、麻酔の持続効果が長いのが特徴です。
そのため脱毛の時や尿道麻酔にも使われています。

AstraZeneca 社製
タイより出荷

[有効成分]
Lignocaine

価格:¥2,304
5%割引 → ¥2,188 (送料無料)
数量: 個 

キシロカインゼリー について

麻酔成分のリドカインが、2%配合されている表面麻酔薬です。
リドカインは毒性が比較的弱く即効性があり、効き目が長いことから世界で最も一般的に使われている局所麻酔剤です。
そのため歯科・外科・産婦人科・耳鼻咽喉科などの、医療現場でも広く使われています。
知覚神経の他にも運動神経も麻痺させる作用があり、硬膜外麻酔・脊椎麻酔・硬膜外麻酔・伝達麻酔・浸潤麻酔などにも用いられています。
リドカインは最初は局所麻酔剤として開発されましたが、各種疾患に伴う不整脈の治療にも使用さられるようになりました。
キシロカインゼリーは美容外科で行う、膣や小陰唇の縮小手術でも使われています。
それまでは仙骨麻酔と呼ばれる、広い範囲の感覚を麻痺させる麻酔方法でした。
これら以外にもキシロカインゼリーは肛門周囲の痒み軽減のためや、痔の方が排便の時に痛みを麻痺させるために使われています。
さらに早漏気味の男性の方の性器に塗ることで、男性性器が一時的に麻痺するため早漏が改善されます。
キシロカインにはスプレータイプもありますが、スプレーするのが難しい局所の麻酔などに最適です。
たとえば高額な家庭用の脱毛器を購入したものの、痛みに耐えられずに脱毛を諦めてしまう女性が意外に多いのです。
そんな場合でもキシロカインゼリーを脱毛したい部分に塗るだけで、ウソみたいに痛みが消えます。
美容外科で行うレザー脱毛でも使われ、プロも認めている局所麻酔剤です。

効果・効能

皮膚の神経を一時的に麻痺させ、痛みを感じなくさせます。

ご使用方法

麻痺させたい体の部位に、30分前に塗ってください。
30分程度で麻痺効果が表れ、痛みを感じなくなります。
脱毛での使用方法は、以下の手順で行ってください。
1:メイクなど事前に落とし、脱毛したい部位を洗い清潔にしてください。
体毛が密集している箇所は軽く剃ってください。
2:次に脱毛したい部位にキシロカインゼリーを塗布しますが、塗りこまないようにしてください。
通常はゼリータイプの場合は塗りこむますが、皮膚の表皮を麻痺することが目的なので塗りこみません。
3:30分程度すると皮膚の感覚がない状態になります。
4:あとは脱毛器を使い、脱毛してください。
尿道麻酔に使う場合には通常成人では男子は200〜300mg、女子は60〜100mgが適量です。

副作用

副作用はほとんどありませんが以下のような副作用があらわれた場合は、使用を止めてください。
また重大な症状であれば医師の診断を受けてください。
強いアレルギー反応(ショック)・徐脈・不整脈・血圧低下・呼吸抑制・チアノーゼ・意識障害・心停止・アナフィラキシーショック・振戦・痙攣・中毒症状・喘鳴・呼吸困難・胸の痛み・重度の発疹やかゆみ・異常発汗増・しびれなどです。
さらにクラス?抗不整脈剤アミオダロンなどの抗不整脈薬・オピオイド系の鎮静薬や鎮痛薬との併用で、副作用が起きる可能性が高くなるので注意が必要です。

ご使用上の注意

高齢者・重篤な肝機能障害や腎機能障害のある方・心刺激伝導障害のある方・生理機能の低下により麻酔に対する忍容性が低下している方などは、必ず事前に医師や薬剤師の指示を仰いでください。
吸収が速いので、できるだけ必要な分量だけを使用してください。
特に子供さんにご使用される場合は、低量で使用されて様子を見てください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。