その他 ワンアルファ 0.25mcg 100錠
商品マップ ワンアルファ 0.25mcg 100錠

ワンアルファ 0.25mcg 100錠

ワンアルファ 0.25mcg  100錠

ワンアルファ 0.25mcg 100錠

少量で効果的に作用する、ビタミンDの活性型製剤です。
主に骨粗鬆症治療薬として用いられています。
ビタミンDは骨の発育に非常に重要な役割を果たします。

LEO PHARMACEUTICAL PRODUCTS 社製
タイより出荷

価格:¥6,112
5%割引 → ¥5,806 (送料無料)
数量: 個 

ワンアルファ 0.25mcg について

ワンアルファは、特徴骨粗鬆症の基礎薬として古くから汎用されてきたビタミンDの活性型製剤です。
少量で効果的に作用することから、主に、高齢の方の骨粗鬆症治療薬として用いられています。
ビタミンDは、骨のビタミンと呼ばれるほどに、骨の発育に非常に重要な役割を果たしています。
ワンアルファの服用により、小腸や副甲状腺・骨にあるビタミンD受容体に結合し作用を発揮することで、小腸からカルシウムが豊富に吸収されるようになり、新しい骨を作る骨芽細胞を活発にして骨形成を促進させていきます。
また、骨が丈夫になることで腰痛などの痛みを改善し、骨折予防にもつなげていくことができるとされています。
ビタミンDの活性型製剤は、慢性腎不全などビタミンDの代謝異常をともなう病気にも用いられます。

効果・効能

骨粗鬆症(3μgは除く)、 低カルシウム血症、テタニー、骨痛、骨病変等の改善、慢性腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD抵抗性クル病、骨軟化症の治療

ご使用方法

<慢性腎不全、骨粗鬆症の場合>
通常、成人1日1回ワンアルファ0.5〜1.0mcgを服用します。
通常、小児骨粗鬆症の場合には1日1回ワンアルファ0.01〜0.03mcgを服用します。

<副甲状腺機能低下症、その他のビタミンD代謝異常に伴う疾患>
通常、成人1日1回ワンアルファ1.0〜4.0mcgを服用します。
通常、小児1日1回ワンアルファ0.05〜0.1mcgを服用します。

・症状、年齢により用量は異なります。
・血清カルシウム濃度の十分な管理のもと服用してください。

副作用

高カルシウム血症、腎結石、尿路結石、かゆみ、はきけ、胃部不快感、食欲不振、下痢、便秘、胃痛、結膜充血、発疹など

ご使用上の注意

・強心薬、カルシウム剤と併用にはご注意ください。
・定期的に血液や尿中のカルシウムの値をチェックすることをおすすめします。
・持病のある方、薬を服用中の方、妊娠中・授乳中の方などは、摂取前にかかりつけ医にご相談ください。
・お子さまの手の届かない、涼しい場所で保管してください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。