利尿剤 ハルナール 0.4mg 30錠
商品マップ ハルナール 0.4mg 30錠

ハルナール 0.4mg 30錠

ハルナール 0.4mg 30錠

ハルナール 0.4mg 30錠

夜中に何度も起きる悩みに即効性! 前立腺肥大症の初期にもっとも多く用いられる第一選択薬です。
その日のうちに効果が実感できる高い薬効が1日1回の服用で持続します。

Astellas Pharma 社製
タイより出荷

[有効成分]
Tamsulosin Hydrochloride
(塩酸タムスロシン)

価格:¥7,776
5%割引 → ¥7,387 (送料無料)
数量: 個 

ハルナールについて

前立腺肥大による排尿障害を治療するための薬剤です。
前立腺や尿道にピンポイントで作用しますので血管が影響を受けにくく、めまいや血圧低下などの副作用が比較的少なくて済みます。
毎日、何度ものことですから非常に悩ましい排尿障害には、原因が2タイプがあります。
膀胱に尿が蓄めにくくなるタイプと、尿道が圧迫されて膀胱から尿が排出しにくくなるタイプです。
男性の場合、50歳を過ぎたころからの排尿障害は排出しにくくなるタイプが多くを占めるのですが、原因の多くは前立腺の肥大です。
前立腺は膀胱のすぐ下、尿道を包み込むような形で位置しています。
そのような位置で肥大して圧迫するため尿が通るのを邪魔をすることになり、排尿に時間がかかったり、排尿に勢いがなくなったります。
また、膀胱が刺激されますので頻尿になり、就寝中にも何度も尿意を感じてしまうのはそのためです。
本品は、前立腺の収縮に働くα1受容体を遮断することで収縮を抑制。
その結果、尿道が広がりますから排尿がしやすくなることかをもたらします。
効き目には即効性があり、さらに徐々に溶け出すように工夫していますから1回の服用で持続性のある効果が期待できます。

効果・効能

前立腺肥大症の排尿障害改善

ご使用方法

●1日1回、食後に0.2mgを服用してください。
●過剰摂取は血圧低下が予想されますので、正確な服用量でご使用ください。

副作用

● めまい、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、眠気、イライラ感、しびれ感、動悸、頻脈、胃の不快感、吐き気、血圧低下、起立性低血圧、不整脈、発疹、蕁麻疹、胃部不快感、吐き気・嘔吐、口渇、便秘、胃重感、胃痛、食欲不振、下痢、鼻閉、浮腫、尿失禁、咽頭灼熱感、全身倦怠感、味覚異常、女性化乳房、持続性勃起症、射精障害など
● 稀に重篤化して失神、意識障害、肝機能障害、黄疸などを生じることがあります。身体の異常に気づいたときにはすぐに医師に相談してください。

ご使用上の注意

● 本品の成分に対して過敏症の既往歴のある方は服用量に注意が必要です。
血圧低下が予想されますので医師にその旨ご相談ください。
● 他薬との併用は飲み合わせによる副作用があります。
以下に該当する場合は減量するなど医師の指示をお受けください。
【降圧剤】起立性低血圧が起こるおそれがあります。
【ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸 塩、バルデナフィル塩酸塩水和物など)】症候性低血圧のおそれがあります。
●急に立ち上がると立位血圧が低下することがありますのでご注意ください。
●服用後の副作用として、めまいが生じることがあります。
高所作業や自動車運転など危険を伴う作業はお避けになるか十分にご注意ください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。