アレルギー クラリチンシロップ 100ml
商品マップ クラリチンシロップ 100ml

クラリチンシロップ 100ml

クラリチンシロップ 100ml

クラリチンシロップ 100ml

飲みやすいシロップタイプの副作用も少ない抗ヒスタミン薬で、花粉症・アレルギー性鼻炎・じんましんなどに用いられています。
効き目が長いため、1日1回の服用で効果が持続するのが特徴です。

タイより出荷

[有効成分]
ロラタジン

価格:¥3,679
5%割引 → ¥3,495 (送料無料)
数量: 個 

クラリチンシロップについて

クラリチンに配合されている有効成分のロラタジンは、アメリカのシェリング・プラウ社から発売されている持続性選択H1受容体拮のアレルギー性疾患治療剤です。
シェリング・プラウの主力商品のひとつであるクラリチンは、アレグラや塩酸セチリジンなどと共に世界で最も愛用されている第二世代抗ヒスタミン薬のひとつです。
クラリチンの最大の特徴のひとつは、副作用として眠気があらわれることがほとんどないことです。
ロラタジンにはアレルギーの原因である体内物質ヒスタミンの作用を抑えて、 くしゃみ・鼻水・じんましん・皮膚のかゆみなどのアレルギー症状を和らげる作用があります。
これまでの抗ヒスタミン薬は眠気を催していましたが、眠気や口の渇きなどの副作用が少ないという特徴があります。
アメリカの空軍と民間会社のパイロットを対象に行われたフライトシミュレーションでも、クラリチンを服用したパイロットの航空機操作能力に影響がなかったことが確認されています。
またアメリカで実施された臨床試験でもクラリチンを服用しているアレルギー疾患患者と、アレルギー疾患を持たない人とのあいだで、注意力や集中力などに違いが見られませんでした。
日本国内でも眠気を催すことがあると記載されていないのは、クラリチンとアレグラだけです。
花粉症・アレルギー性鼻炎・じんましんなどの他に、湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症などの皮膚疾患にも効果的なことが確認されています。

効果・効能

アレルギー性鼻炎・蕁麻疹・湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症などの皮膚疾患に伴う、そう痒に効果や効能があります。

ご使用方法

成人と3歳以上7歳未満の小児の場合とでは、用法や容量に違いがあります。
成人の場合は通常1日に1回ドライシロップとして、1gを食後に用時溶解して服用してください。
ただし年齢や症状に応じて、適宜増減してください。
また3歳以上7歳未満の小児の場合は1日に1回ドライシロップとして、0.5gを食後に用時溶解して飲ませてください。
7歳以上の小児の場合は1日に1回ドライシロップとして、1gを食後に水またはぬるま湯に溶かして飲ませてください。

副作用

主な副作用としてはこれまで、倦怠感などが報告されています。
副作用は少ないとされていますが、もし体調に変調や異常が見られた場合には、医師や薬剤師へご相談されてください。

ご使用上の注意

十分な効果があらわれるまでに、数日かかる場合があります。
そのため花粉症の方は効果を事前に高めるために、花粉が飛び始める前からの服用をお勧めします。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。