消化器系 ムコスタ錠 100mg 100錠
商品マップ ムコスタ錠 100mg 100錠

ムコスタ錠 100mg 100錠

ムコスタ錠 100mg 100錠

ムコスタ錠 100mg 100錠

有効成分のレバミピドが胃の粘膜を丈夫にし、胃酸の刺激から胃壁を守ります。
通常は胃炎や胃潰瘍を治療するための薬ですが、びらん・出血・発赤・浮腫などの胃粘膜病変の改善にも用いられます。

Otsuka 社製
タイより出荷

価格:¥6,353
5%割引 → ¥6,035 (送料無料)
数量: 個 

ムコスタ錠 100mgについて

胃潰瘍の治療薬として大塚製薬から発売されたムコスタは、様々な強い生理活性を持つプロスタグランジンの産生を促進させることで胃壁を守ります。
一般的に胃炎や胃潰瘍は、胃液が胃の粘膜を傷つけることで潰瘍ができます。
しかしムコスタは胃の粘膜を増やし血流を促すことで胃酸に対する防御機能を高め、胃炎や胃潰瘍の改善を促す作用があります。
つまり胃酸の分泌をコントロールするのではなく、胃の防御機構を回復させることで胃炎や胃潰瘍を治療するのです。
レバミピドが大塚製薬で開発されるまでは胃酸の分泌に関係している物質としては、アセチルコリンやヒスタミンなどが考えられていました。
しかし大塚製薬の開発チームはこれら以外の調整機能が生体内にあると考え、酢酸投与による動物実験で胃潰瘍を発生させ新たな治療効果を持つ化合物を探し出し、世界初のプロスタグランジンの胃粘膜保護作用を発見したのです。
ムコスタは胃壁の荒れを防ぐ目的でロキソニンやリンゲリーズ錠などや、制酸剤や他の潰瘍治療薬と併用されることもあります。
また最近ではレバミピドが持つ粘膜修復作用が注目され、ドライアイ用の点眼薬としても2011年に発売されました。
胃酸に対する防御因子増強薬で特に強い作用はありませんが、安全性が高く副作用がほとんどないことから、胃炎や胃潰瘍の治療薬として最も処方されています。
胃壁を荒らすこともなく、家庭の常備薬としてもお勧めのお薬です。

効果・効能

・胃の粘膜を丈夫にします。
・胃を守る粘液を増やします。
・胃粘膜の血流をよくし、胃酸に対する防御機能を高めます。
・傷ついた胃の組織の修復を助ける作用があります。

ご使用方法

胃潰瘍の場合
・成人の場合は通常、朝・夕・就寝前の1日に3回、1回にレバミピドとして1錠(100mg)を服用してください。

びらん・出血・発赤・浮腫などの胃粘膜病変の改善や、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の場合
・成人の場合は通常1日に3回、1回にレバミピドとして1錠(100mg)を服用してください。

副作用

安全性の高い薬なので、副作用はほとんどありません。
稀にですが副作用としては、発疹・かゆみ・薬疹様湿疹などの過敏症状・蕁麻疹などが報告されています。
極めて稀にですが・ショック・アナフィラキシー様症状・冷汗・顔面蒼白・手足の冷えやしびれ・じんま疹・全身発赤・顔や喉の腫れ・息苦しさ・めまい・血圧低下・発熱。喉の痛み・口内炎・だるさ・皮下出血・歯肉出血・食欲不振・吐き気などが報告されています。

ご使用上の注意

・必ず定められた用法や用量を守るようにしてください。

以下の方は服用される前に医師にご相談ください。
・これまで薬を服用してかゆみや発疹などの、アレルギー症状が出たことがある方
・妊娠または授乳中の女性
・他の処方薬を服用していたり使っている方
・本商品を保管される場合は直射日光を避け、湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
・保管場所は、お子さんの手の届かないところに保管してください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。