消化器系 プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠
商品マップ プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

消化性潰瘍用剤のタケプロンと同成分が配合されていて、胃酸の分泌を抑え胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療にとても効果があります。
プロトポンプ阻害薬の一種で、胃酸の分泌を抑える作用があります。

TAKEDA CHEMICAL 社製
タイより出荷

価格:¥5,100
5%割引 → ¥4,845 (送料無料)
数量: 個 

プレバシド(タケプロン) について

プロトンポンプ阻害薬とは胃の壁細胞である、プロトンポンプに作用して胃酸の分泌を抑制する薬です。
他のどの消化性潰瘍用剤よりも強い胃酸分泌抑制力があり、難治性の潰瘍にも有効です。
そのため胃潰瘍や逆流性食道炎の、第一選択薬として使われています。
プロトンポンプ阻害薬の出現でこれまで治療が難しかった、多くの疾患の治療や予防が可能になりました。
国内でプロトンポンプ阻害薬の使用が認められているのは、逆流性食道炎や十二指腸潰瘍などのヘリコバクターピロリなどの除菌です。
これらの中でも長期使用が認められているのは、逆流性食道炎の治療です。
消化性潰瘍の原因はほとんどが、ヘリコバクターピロリ菌感染とNSAIDの服用です。
プレタールは胃酸の分泌のプロトポンプと呼ばれる機能を妨げることで、分泌を抑制し胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療にも効果的です。
プロトンポンプとは生物体内で光エネルギーなどを利用してプロトンと呼ばれる水素イオンを能動輸送して、生体膜の内外に膜電位やプロトン勾配を作り出す機能やそれを行うタンパク質複合体のことを指します。
プロトポンプ機能を妨げることで胃壁が胃酸で荒れるのを防ぐ作用があり、結果として胃粘膜が正常になり潰瘍が治ります。
胃ガンの原因のひとつであるヘリコバクターピロリ菌の、国内の感染者数およそ6,000万人とも言われています。
プレタールにはこのヘリコバクターピロリ菌の除菌作用もあります。

効果・効能

・胃潰瘍 ・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍
・逆流性食道炎・Zollinger-Ellison症候群
・非びらん性胃食道逆流症の治療
・胃潰瘍又・十二指腸潰瘍の原因となるヘリコバクターピロリの除菌効果

ご使用方法

・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍・Zollinger-Ellison症候群の場合は1日に1回、1回に30mgを服用してください。
・服用する期間は、胃潰瘍と吻合部潰瘍の場合は8週間です。十二指腸潰瘍の場合は6週間です。
・逆流性食道炎の場合は1日に1回、1回に30mgを8週間服用してください。
・非びらん性胃食道逆流症の場合、1日に1回、1回に15mgを4週間服用してください。
・胃潰瘍または十二指腸潰瘍でのヘリコバクターピロリ菌の除菌を行うする場合は1日に2回、1回に30mgをアモキシシリンとして1回 750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に7日間服用してください。
・クラリスロマイシンは必要に応じて適宜増量することができますが、1回400mg(力価)1日に2回を上限とします。

副作用

これまで報告されている副作用としては、肝機能数値の異常・軟便・下痢・便秘・発疹・肝機能値の異常・頭痛・めまいなどの症状です。

ご使用上の注意

・この医薬品は日本国内では、医師の処方が必要な要指示薬です。
・もし飲み忘れた場合には、気が付いた時点で1回分を服用してください。
ただし次の服用する時間が5時間を切っている場合は、飲まないでください。
2回分を1回で服用することは避けてください。
・配合されている成分にこれまで、アレルギー反応を起こしたことのある方は服用を避けてください。
・過敏症の既往歴がある方や高齢の方は、服用する前に医師の指示を仰いでください。
・以下の藥を服用している方は服用を避けてください。
アタザナビル・硫酸アタザナビル・ジギタリス・タクロリムス・ジアゼパム・アレビアチン・ヒダ ントール・テオフィリン・イトラコナゾール・抗がん剤のイレッサです。
・上記の他にも他の藥を服用している方は、服用する前に医師にご相談してください。
・長期に渡って服用する場合には、病院で定期的に肝機能と腎機能の検査を行ってください。


カスタマーレビュー

ニックネーム 評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  


商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。